Business 事業案内

FLEXSCHE

rpa

株式会社フレクシェが提供する、生産計画生成ツールの決定版「FLEXSCHE」の
導入支援・運用保守サービスを提供いたします。

以下のようなお悩みをお持ちの方へ

生産計画の立案で、こんなお悩みはありませんか?

  • 生産計画立案に時間を要し生産性が悪い
  • 経験とカンに頼った立案条件のため世代交代が容易ではない
  • 材料不足で進捗が停滞することがある
  • 急な注文への対応、中長期計画の立案が困難な状況である
  • 装置トラブル、作業者休暇時の計画入替が簡単にできない
  • 計画作成に時間が取られ、進捗フォローが出来ずに納期遵守率が上がらない

そのお悩み、解決しませんか?

お悩みの解決に、
柔軟性を極めた生産計画生成ツールの決定版
「FLEXSCHE」

“FLEXSCHE”及び フレクシェ は株式会社フレクシェ社の登録商標です。
フレクシェ社ウェブサイトはこちら

FLEXSCHEの特徴

FLEXSCHEは生産スケジューラパッケージソフトウェアです。
多様な製造業のニーズに適用する柔軟性と、永く使い続けるための使い易さを兼ね備えております。
各種システム情報と計画担当者の経験やカンである条件をFLEXSCHEに与え自動計画することで、計画業務の標準化及び計画立案時間の短縮を実現します。

※導入ライセンス数:1266本 導入企業:554社
(2021/12現在)

業務フロー

スケジューラの流れ

モデリング

装置・材料・作業場・金型・作業員・工具・工程フローなど、スケジュールの元データとなるパラメータを設定。様々な制約条件も設定可能です。

スケジューリング

スケジューリングのサブルーチンであるメソッドを組合せてルールを定義します。バックワードで一度割付けた後に、着手日を算出してフォーワードするようなことができます。

情報共有、作業指示としての帳票出力

画面での情報共有は当然ですが、製造現場への指示などは、帳票配布にて実施している企業様も多いのではと思います。
FLEXSCHEでは、計画結果を現状業務で慣れ親しんだ帳票として出力することも可能です。

FLEXSCHE導入による効果とメリット

属人化からの脱却 FLEXSCHEへの制約、ルールを設定しておくことで自動にて計画作成が可能です。
生産計画立案時間の短縮 基本的な計画は自動立案されるため、計画作業における担当者の業務は、結果の確認と調整業務のみとなります。
自動化により空いた時間は進捗フォロー及び営業との調整などを行うことができ、納期遵守向上に繋がります。
急なオーダー、納期変更にも対応可能です。
装置故障、作業者の急なお休み時も、自動で再計画が可能です。
nヵ月先の中長期計画も自動で生成可能です。
材料の確保 未来の在庫情報も自動算出できるため、材料不足による納期遅延が防止できます。
既存システムの有効活用 FLEXSCHEに必要な受注情報、各種マスタ情報などは、お客様の既存システムからI/Fすることで利用可能です。
FLEXSCHEで作成した生産計画を既存システムへI/Fすることで、現在と同じイメージで結果確認が出来ます。

FLEXSCHE導入までの流れ

アウトソーシングテクノロジーでは、FLEXSCHE導入を検討されているお客様へ、ご相談から導入サポートまでを以下の流れで実施しています。

  • FLEXSCHEに関するご相談、お問合せ
  • FLEXSCHE製品概要説明
  • お客様データを用いたデモ・評価・改善実際にお客様のデータでのスケジューリング結果をみていただき導入可否を判断してもらいます。
  • 導入作業(要件定義、設定・開発)お客様と一体となってスケジューリング精度を高めていきます。
    また既存システムとのI/Fも開発します。
  • 運用テスト・導入前準備並行稼働等を実施することで運用面含めての検証・改善を行います。
  • 運用開始
  • 運用保守サポート運用開始後の問合せ、改善などをサポートします。

運用保守サポート

システム運用開始後の不明点、各種対応への問合せ、システム設定変更等のサポートを行います。

サポート受付時間 弊社営業日 9:00~17:00
お問合せ方法
  • 電話、メール、Web会議
  • 必要に応じて出張サポートも可能です。
サポート費用 工数ベースでの契約となります。お客様の運用状況に応じたご契約とさせていただければと思います。

FLEXSCHE製品ラインアップ紹介動画

FLEXSCHEの実績

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3286-4890

受付時間
月曜~金曜 9:00~18:00※土日祝・夏期休暇・年末年始を除きます。

ページの先頭へ